アルツハイマー病を疑う10の症状

アルツハイマー病協会のサイト:10 Signs of Alzheimer’s

人気の記事
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

1. 日常生活を混乱させるほどのもの忘れがある

これはアルツハイマー病のもっともありふれた症状です。とくに、初期に多く、最近、覚えたことを忘れます。そのほかの症状は、日付や出来事を忘れる、同じことを何度も聞く、メモや電子機器などの記憶を補うものに頼る、1人で出来ていたことを家族に頼るなどがあります。典型的には、ときどき名前や約束を忘れるが、あとから思い出だすといったことがあります。

2. 計画を立てたり問題を解決することが困難になる

アルツハイマー病の人は、計画を立てたり、経過をみたり、複数の仕事をこなす能力が変化するかもしれません。それまでなれていた調理をしたり、月々の請求書の記録をつけることに混乱するかもしれません。集中するのが難く、以前より仕事に時間がかかるようかもしれません。典型的には、小切手帳の帳尻を合わせることに誤ることがあります。

3. 家、仕事場、レジャーで馴れたことを終わりまで出来にくくなる

アルツハイマー病の人は、毎日の作業の終わりまで行うことが難しくなります。馴れた地域での運転、仕事上の金銭管理、好きなゲームの規則を思い出しにくくなるかもしれません。典型的には、電子レンジの調節やテレビの録画に助けが必要なことがあります。

4. 時間や場所について混乱する

アルツハイマー病の人は、日付、季節、時の流れがわかににくくなることがあります。直前のことでなければ、理解するのが困難になります。どこにいるのか、どうしてここに来たのかを思い出せないことがあります。典型的には、週の曜日がわからなくなりますが、しばらくすると思い出せます。

5. 視覚および空間的関係の理解が難しくなる

アルツハイマー病の人は、視覚的な症状を示すことがあります。読む、距離の判断をする、色やコントラストを決めるのが難しくなることがあります。また、鏡を無視して部屋に誰か居ると思うこともあります。自分が映っていうことがわからないこともあります。典型的には、白内障によると思われるような視覚の変化がある。

6. 話したり書いたりするうえでの言葉の問題が生じる。

アルツハイマー病の人は、会話についていったりわることが難しくなるかもしれません。会話が途中で止まったり、どのように続けてよいかわからなくなり、同じ話を繰り返すかもしれません。語彙を選ぶのに戸惑ったり、正確な言葉を出てこなかったり、間違った名前でよぶことがあります。典型的には、正確な言葉を見つけにくくなることがあります。

7. 置き場所を間違えたり、来た道順を思い出せなくなる

アルツハイマー病の人は、物を普通でない場所に置くことがあります。物を見失ったり、見つけるために、再度、来た順路を引き返すということができないかもしれません。誰かが盗んだと非難することもあり、しかも度々繰り返して起こることです。典型的には、めがねやリモコンの置き場所を間違がえることがあります。

8. 判断する力が低下したり衰える

アルツハイマー病の人は、判断や決定することが難しくなるかもしれません。お金を扱ったり、電話ショッピングに注文するときの判断する力が低下するかもしれません。身づくろいや身体を清潔にすることに関心が乏しくなるかもしれません。典型的には、間違った判断を繰り返します。

9. 仕事や社会的活動から引きこもる

アルツハイマー病の人は、趣味、社会活動、作業計画、スポーツから身を引こうとするかもしれません。好きなスポーツに楽しんだり、趣味をどのように終らせるたらよいのか思い出しにくくなるかもしれません。こうした変化のため、社会的な活動を避けるかもしれません。典型的には、仕事、家族、社会的役割に疲れを覚えることがあります。

10. 気分や性格が変わる

アルツハイマー病の人は、気分や性格が変わることがあります。混乱、疑心、うつ、恐怖、不安になることもあります。家庭、仕事場、友人との関係、なれない場所で、容易に混乱するかもしれません。典型的には、物事をなにか特別な方法で行うかのようになり、馴れたことがうまくいかなく過敏になります

w300

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.